Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

07/28のツイートまとめ

higuchimieko

第34回コーヒーサロン「コーヒーで世界は変えられる」参加申し込みURLに誤りがありました。訂正http://t.co/MY8JkwGkrg
07-28 19:37

8月21日(水)第34回コーヒーサロンを各務原で開催します。申し込みはこちらhttp://t.co/pJ9S868fY1
07-28 05:33

スポンサーサイト
  1. 2013/07/29(月) 03:08:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大八講座「世界のコーヒー、あなたの珈琲」

11月25日 晩秋の秋晴れとなりました。

今日は、おこがましくも「大八講座」の講演依頼をいただきました。

2時間の持ち時間は初めてのことで、社長も少し緊張しているかな?・・・。
開始前mini

最初に、この講座の世話人、黒野こうき様から開会のごあいさつ

黒野様は地方史研究科として、くろの美術教室の主催者としてご活躍されています。
黒野さんあいさつmini

主催者、大八文庫の古藤愛子様からごあいさつをいただきました。
古藤さんあいさつ2mini

古藤様の今は亡きお父様古藤義男氏は川柳界で「東野大八」のペンネームでご活躍されたと知りました。

大八先生は、珈琲が大好きで、毎朝、愛車の自転車に乗り喫茶店で珈琲を飲み、
煙草を吸い、新聞を読むことが日課であったそううです。

先生の句が紹介されました。

「銀杏の葉一枚拾う旅もよし」

「たんぽぽの綿毛にあった薄情け」

川柳とは縁遠く、恥ずかしい限りですが、
大八先生の優しい眼差しを感じる句でした。

会場には、地元の方を中心に40数名がお集まりくださいました。

ひぐちのお客様も4名お越しくださっていました。

まるで寺子屋のような狭い机に皆様お座りくださっています。

講演が始まりました。
樋口精一mini


最初にお配りした、乾燥したコーヒーの実やパーチメント、生豆、焙煎豆を説明しながら
コーヒーは農産物で「フルーツ」というお話から

なぜ自家焙煎を始めたかという経緯から
喫茶店(カフェ)はコミュニティを形成する場であること
時代を写す鏡であること。


コーヒーは地政学的な側面があり、
政治・経済に翻弄されてきたことなど・・。


途中でコーヒーブレイク

本日のコーヒーは、
2012年ベストオブパナマ受賞のレリダ農園

その後、心強いコーヒーアミーゴ「帰山人さん」とトークを交えて
会場からの質問をうけました。
対談mini

有機栽培にコーヒーについて、

コーヒールンバについて

などなど・・。

あっという間に2時間が過ぎ、無事講演会が終えられました。

黒野様、古藤様をはじめ皆様にお世話になりました。
ありがとうございました。
  1. 2012/11/29(木) 12:53:40|
  2. 珈琲教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月25日「大八講座」~世界のコーヒー あなたの珈琲~

11月25日(日)は、
美濃加茂市中仙道太田宿の「小松屋」さんで

大八講座に出させていただきます。


講演テーマ:世界のコーヒー あなたの珈琲

講師:樋口精一

主催:大八文庫/太田宿草鞋の会

会場:小松屋(美濃加茂市 中仙道太田宿)

時間:13:30~15:30

会費:500円
(予約されたかたには、コーヒー付)

問い合わせ先:0574-26-1734 古藤(ことう)

すぐ近くの街なのに、行ったこともなかった町
先月下見に行き、

何と風情のあるところと感動しました。
小松屋玄関mini

時代劇の撮影所にいるような感じがします。
ここは、帳場ですね。
小松屋帳場mini

旅人が、訪れ、帳場に番頭さんがいるんだろうな・・?

急な箱階段

低い天井、

凸凹の土間、

江戸時代からずっと歴史が刻まれた風情です。

さて、どんなお話になるのやら・・?

  1. 2012/11/22(木) 11:54:14|
  2. 珈琲教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。