FC2ブログ

Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

9月25日「テーブルの上の生物多様性」名古屋・栄SMBC

半年間のキャランバンのまとめの会が開催されます。

サステイナブルコーヒーフォーラム
「テーブルの上の生物多様性」

~コーヒーは環境のパートナー~
uny-seibutu-coffee-omote6.jpg

★画像をクリックしていただくと大きくご覧いただけます。




日時:9月25日(土)10:00~17:40

会場:SMBCパーク栄
   愛知県名古屋市中区錦3-25-20

三越デパートの正面です。
詳しくは下記をごらんください。
http://www.smbc.co.jp/kojin/tenpo/benri/sakae.html


会場は第1ステージ、第2ステージ、第3ステージ(2階)
と分かれており、盛りだくさんの展示やイベント、講演があります。
uny-seibutu-coffee-ura3.jpg
★画像をクリックしていただくと大きくご覧いただけます。


今回は、

ユニー株式会社様、なごや環境大学様、サステイナブルコーヒー協会の主催で
サステイナブルコーヒーに取り組む企業や団体の講演が予定されています。

当店の樋口精一も講演時間をいただいております。

10:45~11:05 珈琲工房ひぐち

私が個人的に楽しみにしているのは、

スミソニアン渡り鳥センターのライス博士のご講演
「農園の取り組み サンセバスチャン農園(グァテマラ)」のエドガー・カブレラ氏のご講演

とても有意義なお話が聞けそうですよ!

また、ひぐちはサステイナブルコーヒーの無料試飲会を担当いたします。


是非、ご参加くださいませ。

  1. 2010/08/25(水) 12:08:08|
  2. 「テーブルの上の生物多様性」イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【7月9日~11日】アピタ長久手店にて『テーブルの上の生物多様性』終了

3月から始まった『テーブルの上の生物多様性』のイベント

今回が最終のお店まわりでした。

長久手店はアピタの中でも最も売上の高いお店です。
お客様の印象は「都会的」というか「ドライ」というのか、
「高額所得者が多い」のか

「試飲会」「タダ」に寄って来ない雰囲気がありました。

そんな中でも、
いろんな方に出会いました。

フェアトレードに関心を寄せるカナダ人の英語の先生。
フェアトレードについて結構語り合いました。

奥さまは日本人。
だから日本語が上手で助かりました。

企業で環境分野の部署で働く女性
「社内でも温度差を感じる」

ユニーの環境紙芝居は「子供と親を教育すること」と話すと、
学校でも環境学習の時間があることを教えてくれました。
「でも、お母さんたちがひどいから意味がない・・・」

昔、同じユニーで働いていたお友達に
10年ぶりぐらいに出会いました。

10年が何とも早くもあり、
人生を感じました。

元気にしている姿にホッとしました。

COP10まで、3か月を切りましたが、
政治の混迷のせいでしょうか
未だに「知らない』という方も多いと感じます。

地道なことですが、
コーヒーから生物多様性を伝えていきたいと思います。

今後のイベントは
■8月18日(水)「第22回コーヒーサロン」
「コーヒーから世界をのぞいてみよう」

詳しくは下記をごらんください。

http://www.cafe-higuchi.jp/coffee-salon.html

■9月25日(土)名古屋 栄SMBCにて
『テーブルの上の生物多様性』
認証団体や企業のプレゼンテーションがあります。
ひぐちは試飲会を担当します。

  1. 2010/07/15(木) 00:28:35|
  2. 「テーブルの上の生物多様性」イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【6/18~20】『テーブルの上の生物多様性』大垣アクアウォークにて

6月18日(金)~20日(日)

大垣のアクアウォークのアクアホールで
「テーブルの上の生物多様性」のイベントが開催されました。

今回は盛りだくさんのイベントがありました。

恒例の「環境紙芝居」
子供も大人も勉強になります!
mini紙芝居


リーフウォークでも人気者だった
『モンパ君』が登場すると、
子供たちは大はしゃぎ。
miniモンパ君

大人の私も子供心に帰って
気分はルンルンしますね。

モンキーセンターの学芸員の方のご講演
人に最も近い生き物=サルのお話。
miniモンキーセンター

自分の祖先の話のようで、なーるほど。

■生き物ふれあいコーナーでは
陸ガメが人気でした。
mini陸カメ


■日本サステイナブルコーヒー協会の理事長、川島良彰氏の司会で始まりました
mini川島様


■グッドインサイドの日本代表オルティス美由紀様が
「人と環境に配慮したコーヒー」と題して講演。
miniオルティス様

認証農園はどのように環境に配慮した取り組みをしているのか
具体的な事例がとてもわかりやすい説明でした。

■企業の取り組みとして
「カップ式自動販売機で飲む、一杯のコーヒー」と題し
株式会社アペックス様から報告がありました。

紙カップを回収して、引越し屋さんが使うクッション材に再利用されていること
どうしたら、おいしいコーヒーができるか、
サステイナブルコーヒーの使用やおいしいお水にこだわっておられます。
とても勉強になりました。

■レインフォレスト・アライアンス日本代表の堀内千恵子様から
「緑のカエルが意味すること」と題し、

環境破壊が進む現実から、
コーヒーと森の共存、環境保全について、
具体的なプレゼンテーションでした。
mini堀内様

クイズに答えた方に「カエルのぬいぐるみ」がプレゼントされました。

■珈琲工房ひぐちの取り組みという10分の時間をいただきました。
ひぐちのコンセプトとする
「安心・安全、おいしいコーヒー」を御客様にご提案するために、
認証マークは生産国における「安心・安全」を保障してくれるものであり、
その中でひぐちのおいしさ「基準」を満たすものを選んでいること。

小さな自家焙煎ができることは何か?
おいしいコーヒーは何か?
を模索してきた道のりを御話しました。
mini社長

この企画のメインテーマ
■「テーブルの上の生物多様性」について
ユニー株式会社 環境社会貢献部の百瀬部長よりご講演。


未来の子供たちに美しい自然を残したいというユニーの願い。

生ごみからたい肥を作り、
エコ野菜を作っていたり、

子供たちへの環境学習に地道に取り組む姿勢。

つらくてしんどいエコでは続かないから、
自然や環境を守っている商品を選んで購入すること
それも大切なエコですとのご提案。
mini百瀬部長

百瀬部長は獣医さんをめざしておられた方
自然や生き物が大好きな明るくパワフルな方。
いろいろ学ばせていただいています。


■エコバンド
「竹竹(ちくちく)バンド」の演奏
mini竹竹バンド

不思議な手作り感いっぱいのバンドでした。
5名それぞれがユニークな個性。
いでたちやこだわりが感じられ、調和したバンドでした。

■試飲会
3日間の試飲会、たくさんの方に飲んでいただきました。
社長も手伝ってくれました。
02試飲会mini

いつも社長のラジオを放送を聴いて下さっているという方が
「いつも聴いてます。ペーパーでも味が違うって言ってた・・」
「おいしい!おいしい!」と連発。
急に人が集合。

北一色のご近所の方にであったり。

昔、ひぐちで働いてくれていたスタッフにも再会。
元気で何より!

  1. 2010/06/23(水) 00:29:36|
  2. 「テーブルの上の生物多様性」イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ