FC2ブログ

Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

ジェルジェルツーワールドヘリテージの会総会

明日は群馬県、伊香保温泉にでかけます。
当店が応援する
「ジェルジェルツー・ワールドヘリテージの会」
総会が開かれるので、参加します。

群馬県。初めていきます。
「赤城おろしとかかあ天下」などといったら、何それ
と怒られそう。
子供の頃のラジオから流れる浪曲なるもので、国定忠治の
「赤城の山も今宵限り・・・・」と流れてきたような遠い記憶。

「下仁多ねぎ」はすき焼きにおいしいいな。
「竹下夢二伊香保記念館」に是非寄り道したいのです。

では、行ってきます。
スポンサーサイト



  1. 2007/03/26(月) 00:34:48|
  2. ハワイ研修旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハワイ旅行余話1

旅は道連れ、世は情け、なんて古い言い回し
もあります。
この旅行で、私と偶然にも道連れに選ばれた
方がいます。
いわゆるルームメイトです。

彼女は珈琲にすごいロマンを抱いている珈琲ファン
です。この研修旅行に「私は100gの珈琲消費者です」
と自己紹介されました。
その他の多くのかたが、仕事上、珈琲を学ばねばならない
立場にあるなかで、彼女だけは消費者の立場でコーヒー
を知りたいと参加されました。
この情熱と行動力に多くを学びました。

彼女はCafeめぐりも日本、そして海外とすごい
勢いです。私など及びもしません。
そんな彼女がCafeに行くのは「幸せのおすそわけ」
をいただきに行くと表現したことに、自分の仕事が
「お客様に幸せを感じてもらうこと」であると気づかされ
ました。日頃お客様に幸せをいただいているのは、自分
のほうです。お客様においしいかったといっていただいた
り、「最近顔が見えなかったから心配した」と気づかって
いただいたり、こんな自分でも生きている意味はあるんだと
思える幸せをいただいている。
何が始まりであったか、「珈琲」を生きる糧として、その
ご縁で多くのお客様に出会えること「珈琲」の無限のパワー
に学び尽くせない深さにワクワクさせられることを幸せに
思います。

「幸せってなんだろう」
ほんの一瞬の安堵感や共感共鳴の一体感を感じる瞬間であっ
たりなんだか心が通いあう笑顔の一瞬であったり、ほとんど
形にならないものの様におもいます。

珈琲を通して共に幸せを共有できるお店になりたいと思った
旅行でもありました。
  1. 2007/01/20(土) 00:29:55|
  2. ハワイ研修旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KOAコーヒープランテーション3

マーリンさんが最後に案内してくださったのは
なんと「焙煎室」。
90110013.jpg

農園で収穫し、生豆に処理し最後に焙煎して、
自社のブランドで販売しているのです。
20070113013755.jpg

「BABAS'BEANS」のパッケージがマークです。
これは「お母さん」の意味だそうです。

マーリン氏はクロアチア人、アメリカで建設業で財を成し、
97年にハワイでコーヒー事業にのりだしたのですが、
そのとき、「お母さん」が賛成してくれたことに感謝して
このブランド名を作ったそうです。

生産者は「CUP」(液体となった味)を知らない、そして
販売している人は生産地を知らない。と聞いたことがあります。

生産者は自分の生産したコーヒーが焙煎されてどんな味なのか
知らないことが、過去にはあたりまえでした。また、消費国
の私たちが生産地、生産の現場を知らないで、書物や情報として
の知識で販売してきました。

マーリン氏は焙煎して販売するという一貫した事業として取
り組んでいることも、すごいと感じました。

今回の研修で、生産と加工の工程について見ることが何よりの
勉強でした。書物の中の写真だけでは、理解できないことが多い
とあらためて感じ、次はブラジルへ是非行って見たいと夢がふく
らみます。
20070113013858.jpg

そして、何より日本各地のコーヒーに携わる方に出会い、楽しい
思い出と、勇気、そして情熱にふれることができたことが私の
最大の幸せでした。

  1. 2007/01/13(土) 01:20:58|
  2. ハワイ研修旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ