FC2ブログ

Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

KOAコーヒープランテーション2

摘み取ったコーヒーチェリーはその日かまたは翌日に処理
しなければ、品質が落ちるそうです。
収穫が多ければ、その作業もフル稼働になります。

マーリンさんは年間約455トンを生産しています。
それが、どれほどの量なのか私にも想像できません。
この農園はその生産量にみあう設備投資をしています。
20070108015237.jpg

マーリンさん自慢のコロンビア方式のパルパー(果肉除去機)
4台があります。この機械は一時間に1トンの処理能力が
あるそうです。
豆は水路を通って次の工程へと運ばれます。
20061209224356.jpg

ここでも粘液質除去装置に出会いました。
20070108015347.jpg

水洗された豆(ウェットパーチメント)の水を切る装置です
20070108015539.jpg

軽く水切りした後、ドライヤーにかかえられます。
現在、ブラジル製の最新ドライヤーを設置中とのことでした。
20070108015457.jpg

乾燥された豆はスーパーバッグと呼ばれる大きな袋(700kg
はいるそうです)に詰められ、定温貯蔵庫(室温15度湿度65%以下)
で6週間寝かせられます。

その後出荷の前に、脱穀し、パーチメントを剥ぎ取ります

これからが選別にはいります。ハワイでは農務省の検査を受け
認証ラベルをもらわないとハワイコナとして出荷できません
20070108015805.jpg

ハワイコナには厳しいスクリーンサイズ(粒の大きさ)で選別され
また、欠点豆の数も厳しい検査の対象です。
20070108015826.jpg


比重の選別で黒い豆や石を発見します。
20070108015422.jpg

この農園は「カラーソーター」とよばれる機械で欠点豆を電子の目
で発見してはじいていく機械にかけていました。
この機械は日本製です。広島の佐竹製作所が作るお米の選別をする
機械がコーヒーにも使われています。この機械に2回通すそうです。

最終的により良い品質の豆を選び抜く工程が重要です。
各工程においても悪いまめは選別されていきます。
その繰り返しが重要です。一粒悪い豆が混入することで全体の品質
が下がります。

また、豆の保管も重要です。雨の多い地域では湿度の管理をしないと
豆が劣化します。KOA農園はエアコンを倉庫に設置しています。

非常にコストをかけて品質管理が行われています。




スポンサーサイト



  1. 2007/01/08(月) 02:17:43|
  2. ハワイ研修旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0