FC2ブログ

Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第14回コーヒーサロンの報告を書き終えて

コーヒーの世界は、様々な分野の知識が求められる世界だとつくづく感じている。

コーヒーの仕事をはじめてたぶん20年近くになると思う。
最初は、いわゆる「喫茶店」を自称「自家焙煎珈琲店」としてやってはいたけれど、
10年ぐらいは暗中模索で本当は何も解かっていなかったと思う。

最初の頃は、電気ロースターでコーヒーを何度も何度も焙煎することが楽しくて
その香りやハゼル音が大好きで毎日やっていたように思う。

どうしたらコーヒーは美味しくなるのだろうか?
その頃は焙煎と抽出にばかり目がいっていた。
「コーヒーは生鮮食品」と思っていた。
煎りたて、挽き立て、淹れたて、が美味しいコーヒーを作ると思っていた。

「美味しいコーヒー」の本質的な答えがわかっていなかったと思う。

ガスの焙煎機を始めたとき、煎りたてでも美味しくないことに気づいた。
どうして美味しくないのだろうかとかなり悩んだ。

美味しさのベースは、生豆の品質であると間もなく気がついた。

そして、ブラジルの美味しさを教えてくれたのは「下坂農園」だった。
コーヒーは農産物であるということを教えてくれた。
作った人の思いが実ったコーヒーなんだと
品種により、同じ農園なのに味も香りも違うことを教えてくれた。

2007年ハワイの研修旅行に参加した。
初めて、コーヒー農園を見た。
そして、ハワイの農園は日本の移民の人たちが携わったことを知った。

知れば知るほど、新しい視点のコーヒーの世界を垣間見ることになる
そして、「今までは何も知らなかったんだな~」と思い知らされる。

今回の第14回コーヒーサロンに参加した時もそう感じた。
「コーヒーと残留農薬」。
深く考えたこともなく、
自分には難解な分野と漠然と思っていた。

一人で説明できる自身はまだない。
セミナーで聞いた事を、
復習のつもりで書き進んできた。

コーヒーの世界では、まだまだ未熟な私のレポートです。
何度か、解からなくなり、講演者の石脇様に問い合わせ
お答えをいただきながらなんとか書き終えました。

新しい視点を教えてくださった石脇様、
コーヒーサロンの主催者の池本様、
コーヒーハンターとして、サスティナブルコーヒーの活動をされている川島様。
本当にありがとうございます。

コーヒーが紡いでくれた出会いに感謝し、
これからもこの世界を探求していきたいと思います。

なお、コーヒーサロンについては、
http://http://avatoli.ioc.u-tokyo.ac.jp/~ikemoto/CoffeeSalon.htm
川島様の活動については、
http://www.coffeehunters.co.jp/blog/
石脇様の活動については、
http://www.qualityofcoffee.com
をごらんください。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/06(月) 00:16:43|
  2. 第14回コーヒーサロンの報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。