FC2ブログ

Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

銀座「伊東屋」にいきました

丸の内線に乗って、銀座は1つ目の駅。
下りるとすぐに、
駅員さんに用意した地図を見せ、
「この伊東屋に行くには、何番出口ですか?」
と田舎者は平気で尋ねた。

とにかく、最短の時間でいかねば!
今、私の頭にはそれしかない。

「Aの13です。松屋の横に出ます」
「ありがとうございます」というなり、
目は「A」の表示をめざして
とにかく進む。


13がかなり遠いということがだんだん判ってきた。

13の出口から、地上に。
なぜか、その階段が渋滞している。
「止まらず、進んでください~。」と社長がつぶやいた。

ようやく、松屋の前に出た。

めざす「伊東屋」はすぐそこ。

銀座は歩行者天国となっていた。
そぞろ歩く、人々。
これが「銀ブラ」かしら。

「ルイ・ヴィトン」「ブルガリ」「シャネル」といった
ブランドのお店がずらりと並ぶなかに、
「伊東屋」は賑わっていた。

目的のノートの階へ急ぐ。
「NATUKI」という和とじのノートが欲しかった。

そして、ラッピングの先生が
「そこの接客はすばらしい」と絶賛されたから、
私はどうしても行って見たかった。
ネットでも買えるのだけど、
自分の目で見たかった。

ネットで見た、ノートがあった。
何色にしようか。少し迷って、茶にした。

さて、レジへ。
一つはお友達のプレゼントに
先にお勘定をすませ、
ラッピングの紙とシールを
「どちらになさいますか」と訊かれ、御願いする。

目の前でいとも手早く美しく、
ラッピングが終わり、
商品をいただいた。

時間があれば2時間ぐらい
ここで楽しめる、そんな素適なお店。

また、時間を作ってきてみたい。

さあ、文化学会へ。

急ぎタクシーに乗り込んだ。



  1. 2007/12/12(水) 00:42:10|
  2. ここだけの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cafehiguchi.blog55.fc2.com/tb.php/177-ad07e969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)