FC2ブログ

Cafe Higuchi・マスターのひとりごと

岐阜県・各務原市、自家焙煎珈琲専門店。おすすめの珈琲やCafeのイベント情報。その他最新情報、ここだけの話を紹介いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下坂農園のこと

ひぐちにとって、「生産者の顔が見えるコーヒー」のスタートであった

下坂農園

3月の震災直後のこと、

輸入代理店からの1枚のハガキが届いた。

『下坂匡氏が農園を売却することになりました』
という内容でした。

私の心を襲った「震災」。

人件費の高騰でブラジルのコーヒー農園は大変だとはしっていたが・・。

とても悲しく、残念な思いです。


1月に下坂氏から届いたメールに、

「散る桜、残る桜も散る桜」という一文がありました。

何か、心に決したものを感じた一文でした。


「不毛の地」セラードの土作りから始めて成功された下坂氏が
その地を離れることの辛い思いは
いかばかりか・・。



3月末に農園は売却され、

新しい土地、

スゥージミナス、ポソーデ カウダスに転居されました。

観光地、コーヒー産地としても有名な新しい土地で
再び、コーヒー農園を始められました。

「セラードと違うのは、土地も良く、気候条件にも恵まれています。
乾期中でも度々雨があります。」

「今、問題なのは人件費の問題」とのことでした。

下坂氏は、昨年から続くコーヒーの高騰は
長くは続かないと予測されていました。

長いコーヒーの経験からでしょう。

6月下旬に一部の低地で霜があったそうですが、
被害は無かったそうです。

そして、

コーヒーの苗木業者は、例年の3倍も増えたそうです。

苗を3倍売ったということなら、
3~4年後には、増産となり、価格は暴落?

コーヒー業界の「アンサステイナブル」な状況は繰り返す・・?。

「私はコーヒー以外のことは解りませんので、
時間があれば、田舎の生産者との会話が楽しみです」という下坂氏。

おいしいブラジルに出会った最初の農園であり、
何度もお会いして知ったそのお人柄に惚れ
たくさんのコーヒーファンも育てた
ひぐちにとってかけがえのないコーヒーでした。

1996年からの長いお取引に感謝し、

新しい土地で丹精込めたコーヒー栽培が成功することを
願っています。

新しい「シモサカ」ブランドが生まれる日を願っています。


2007年
生産国・消費国の「アンサステイナブル」な現実をつぶさに
見てこられた川島良彰氏が、

ライフワークとして
サステイナブルコーヒー」に取り組まれる思い聞き、
とても感動した。


その後「日本サステイナブルコーヒー協会」が設立されました。

その思いに共感共鳴し
ひぐちは会員となり、「サステイナブルコーヒー」に向き合ってきました。

そして、私の身近に起こる
アンサステイナブルなコーヒーの状況。

生産者にとっても、私たちにとっても
共にサステイナブルな世界は、長く困難な道のりかもしれないが
それは、両者が共に追求し、立ち向かうべき道だと思う。


2011年8月17日
バリスタ×サステイナブルコーヒー
「コーヒーの夢と未来を語ろう」
中部学院大学各務原キャンパスにて

コーヒーに心を寄せる方がたの
ご参加を呼びかけます!


■お手数ですが、ネットからの事前申し込みをお願いしております。
詳しくは下記より


http://www.cafe-higuchi.jp/home.html
  1. 2011/07/23(土) 09:15:41|
  2. 下坂農園便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cafehiguchi.blog55.fc2.com/tb.php/502-a7fa425a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。